金利が高い時には変動金利がお得?変動金利のメリット・デメリット

より低い金利で利用できる

住宅ローンを利用するとき、金利の選択をするように言われるかもしれません。多くの金融機関では複数の金利が用意されています。よくあるのは変動金利と固定金利です。変動金利は、一定期間ごとに金利を見直すタイプで、固定金利は最初に決まった金利がずっと固定化されます。では金利が高い時はどちらを選択するのが良いかです。いつ借りる時にも言えますが、同じ時点で借りる時は必ず変動金利の方が低くなります。もし金利変動に関わる情勢がこの先変わらないのであれば、変動金利も固定金利も変わりません。それならより低く利用できる変動金利の方がいいと言えるでしょう。ただし、金利がさらに高くなる傾向があるときは負担が増える可能性があるので注意が必要です。

将来的に下がる可能性がある

住宅ローンには変動金利と固定金利があり、どちらかを選ぶ必要があります。中間的なローン商品や組み合わせ等もできるので、最も良い方法を選択すると良いでしょう。どちらにしても、変動金利と固定金利の特徴を知っておく必要があるでしょう。金利が高めになっているとき、変動金利がいいのか固定金利がいいのかですが、将来的に下がる可能性のある変動金利を選んだ方が良いかもしれません。高いかどうかの判断は、過去の情勢や変動などから判断します。又景気が下向きだと将来的に下がる可能性が大きくなります。今高くて将来下る可能性が高いなら、より低く利用できる変動金利を選びましょう。将来の景気変動は正確にはわからないので、総返済額が認識できないデメリットはあります。

© Copyright Couples & Prepayment. All Rights Reserved.